スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
アマガエルのキルト
 

EQ6、EQ7で、アマガエルのキルトが製図できます。

ブロックを製図するワークテーブルは、イージードローとモチーフの
両方の製図機能を使うことができる、「イージードローとパッチドロー」を
使います。




ブロックのワークテーブルの画面の下にある「イージードロー」または
「アップリケ」のボタンをクリックして選択するだけで その時に使いたい
製図用ツールを画面に呼び出すことができます。




イージードローを使うと、アップリケのモチーフに背景をつけることができますし、
アップリケを使うと、パッチドローのツールを使ってモチーフを製図することができます。
すなわち、「イージードローとパッチドロー」のワークテーブルは
イージードローとパッチドローの両方のワークテーブルを
重ねあわせた感じのワークテーブルなのです。


EQ6,EQ7をお持ちの方は、アマガエルのキルトのプロジェクトを
ダウンロードできますので参考にしてください。

http://www.rasenkaidan.com/PDF/rasenkaidan-2012-0716.PJ6




| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 14:10 | comments(0) | - | ↑TOP
Grandmother's Flower Garden Quilt

アンティークキルトでも  <Grandmather's Flower Garden>
皆さんの知るところですね。

中心の6角形の周りに6角形を並べることでお花をデザインすることが
出来ます。 キルトだけでなく小物にも活躍するかわいいパーツですね。





EQ6、EQ7で製図する時は、
メニューの「キルト」から「新しいキルト」を選択して
「ワンパッチキルト」を使います。




(注)ワンパッチキルトには、ブロックを配置することはできません。

 上の画像のキルトのプロジェクト・ファイルを
 ダウンロードすることができます。
 http://rasenkaidan.com/PJ6/rasenkaidan-2012-0625.PJ6




| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 14:42 | comments(0) | - | ↑TOP
EQの保存方法

 ブロックを製図すると予めスタイルを選びますが、保存する時に保存先を指定しなくても
 賢くそれぞれの保存先に保存してくれます。 これって素晴らしいって思いませんか。
 ピースドブロック、モチーフ、ステンシルそれぞれに保存してくれます。

 さらに、配置アイコンをクリックするとスケッチブックのブロックタブが表示されますが
 ここで右クリックすると他のタブへの移動もできるのです。 簡単に保存してくれるだけで
 なく使用者の使いやすいような配慮もされています。
 

 
  


 <Prj.の整理についての一言アドバイス>

 EQのスタート画面を開くとPrj.が並んでいますね。
 必要のないPrj.まで雑多に保存されていないでしょうか。

 このスタート画面をすっきりさせるにはどうしたらよいのか。

 この画面では数字、アルファベット、日本語の順に表示されます。
 したがって001何々、002何々などのグループを作って保存すると良いでしょう。

 グループ分けで名前を変更したり不必要なPrj.を削除することで
 スッキリ感が生まれます。

 

 EQのスタート画面から左下のファイルのアイコンをクリックします。
 「ファイルの場所」の右側に、「PJ6」, または 「PJ7」を表示させます。

「PJ6]は、My Docmuments の My EQ6 Japanese のフォルダの中。
「PJ7]は、My Documents の My EQ7 のフォルダの中にあります。

 ファイルを選択し画面上で右クリックするとプルダウンメニューが
 出ますのでここで名前の変更や削除を選びます。

 以上

 らせん階段
 

| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 15:57 | comments(0) | - | ↑TOP
グラフパッドでキルトをデザインする

 ライブラリからブロックの検索機能を使ってCloverと入力してみましょう。
 いくつかのブロックが表示されますのでスケッチブックに追加します。

 ここではD028を使いました。

 キルト→新しいキルト→オンポイントを選びます。
 レイアウトタブでブロックの数を入力しますが初めから
 設定してある3x3をそのまま使います。

 次にレイヤー1をクリックします。

 Ctrl+クリックでD028を配置します。 




 水平のレイアウトでは
 1回のCtrl+クリックで全面に配置されましたがオンポイントの
 レイアウトでは2回繰り返しましょう。

 次にレイヤー2を選択し、D028をShift+ドラッグで配置しても
 良いのですが練習のために無地ブロックを作ってみましょう。

 配置アイコンをクリックするとスケッチブックのブロックのタブが
 表示されます。 その上で右クリックし無地ブロックを選びます。
 すると四角いブロックが表示されます。

 レイヤー2で無地ブロックを市松に配置します。
 任意の大きさ任意の場所でOKです。

 なぜならばグラフパッドを使う練習ですので。

 そして無地ブロックの一つをきちんとした数字で設定します。
 これを基本のブロックとします。

 基本のブロックを選択しShiftキーを押しながら他のブロックを
 全選択します。 複数のブロックを選択すると隠れていた
 グラフパッドが表示されるのでしたね。 サイズ調整の右端の
 アイコンをクリックします。 

 すると選択されたブロックのサイズが基本のブロックのサイズと
 同じになったことがわかります。

 次に位置調整をしますが左辺揃え、右辺揃えなどを使って
 きちんとした位置にブロックを配置してみましょう。

 拡大鏡を使って正確な位置を決めてください。

 そしてD028のブロックを無地ブロックと置き換えます。
 すでに無地ブロックのタイルが貼られていますので
 クリックだけでD028のブロックと置き換えることが出来ます。

 レイヤー1に戻りペイントブラシでボーダーに配色して完成です。

  EQ6、EQ7のソフトをお持ちの方は、
 上記のプロジェクトをダウンロードして参照できます。
 http://rasenkaidan.com/PJ6/rasenkaidan-2012-0402.PJ6


 (※ らせん階段メールマガジン 2012年4月2日配信号より)

| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 11:20 | comments(0) | - | ↑TOP
ブロックからキルトを作成する
らせん階段メールマガジン 3/26/2012 配信 No.51 関連記事です。

EQ6, EQ7ソフトで、カスタムセット・レイアウトの
「ブロックからキルトを作る」機能を利用してデザインしてみましょう。

最初に、ブロック・ライブラリーからブロックを選んで
スケッチブックに追加しておきます。

次に、メニューの「キルト」から、
「キルトをブロックから作成する」を選択します。



左側に、スケッチブックに追加したブロックの画像が出ます。
2番目のブロック
(Children's Delight)をクリックすると
右側に、ブロックのアウトラインが拡大表示されます。



キルトのサイズを設定するには、この画面で、幅、高さを入力して
スケッチブックに追加します。



スケッチブックの「キルト」タブをクリックして開くと
Children's Delight のブロックから作られた
カスタムセット・レイアウトのキルトがあります。

「編集」ボタンをクリックして、カスタムセット・キルトの
ワークテーブルに取り込みます。

すでに、タイルが貼られているので
各タイル上に、好きなブロックと置き換えることができます。



EQソフトをお持ちの方は、
このプロジェクト・ファイルをダウンロードして
スケッチブックのノートカードを参照してみてください。

http://rasenkaidan.com/PJ6/rasenkaidan-2012-0326.PJ6

| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 13:22 | comments(0) | - | ↑TOP
カスタムセット・キルト 
EQソフトの9つのキルト・レイアウトの中で特に面白いのが
カスタムセット・キルトレイアウトです。

ブロックをキルトにセットする時に、サイズや位置を自由に変えて
セットすることができます。  

さらに、グラフパッドの機能を利用することにより
セットしたいブロックの整列やサイズをそろえるのが
驚くほど簡単にできてしまいます。


 (グラフパッドの機能の一部)


カスタムセット・キルトのレイヤー2にモチーフをセット (Shift + ドラッグ)


SHIFT キーを押しながらをクリックして、複数のモチーフを選択します。



グラフパッドの配置ツールで、左そろえのアイコンをクリックします。



先ほどの複数のモチーフを選択した状態から
こんどは、グラフパッドのサイズそろえアイコンをクリックすると、




選択された全てのモチーフのサイズが、一番最初にクリックしたモチーフの
サイズと同じに変更されます。



以上の機能については、 らせん階段のメールマガジン No.50 (3/19/2012 配信)
詳しい説明がありますので参照してください。

メールマガジンの購読が未登録の方は、こちらから無料購読の登録ができます。
 



 
| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 11:34 | comments(0) | - | ↑TOP
フライング・ギースの製図法
 

EQソフトでフライング・ギースを製図するには、いろいろな方法がありますが
今回は、サークル・ギースの製図法を基本的な2種類の方法でご説明しましょう。

一つは、「イージードロー」で製図する方法




もう一つは、パッチドローのサークル・グリッドを使う方法です。



詳しくは、2011年11月27日付けの、らせん階段メールマガジンを参照ください。

EQソフトをお持ちの方は、プロジェクトをダウンロードして
スケッチブックの説明を参照してみてください。

http://rasenkaidan.com/PJ6/rasenkaidan-2011-1127.PJ6




レモンのEQ一言アドバイスでした。

| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 15:25 | comments(0) | - | ↑TOP
EQ6で、ブロックの検索

ブロックの検索はライブラリを開き、EQライブラリの項目の一つ一つを目で
確かめてスケッチブックに追加をしますが、ブロックの検索には
次のような方法があります。

ライブラリ→ ブロックのライブラリ→ 検索→ カテゴリ別をクリックします


 1. ノートカードから ・・・名前がわかっている時に名前を入力する
 2. カテゴリ別・・・・・・・・誕生日、結婚式などセレモニー別に検索する

 今日は二つ目のカテゴリ別を選んでみましょう。

 左側には、難易度、行事、祭日、ピースドブロック、アップリケのタブがあります。

 「祭日」 をクリックして 「ハロウィン」を選択して
 検索ボタンをクリックします。




検索結果が表示されます。
このブロックから好きなのを選んで、そのまま使ったり
EQで編集したりできます。
 


らせん階段の一口アドバイス

| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 19:44 | comments(0) | - | ↑TOP
アップリケの製図、長方形と多角形
今日は、パッチドローがより楽しく使えるワザをご紹介します。 

EQ6で、アップリケ・パターンを製図する場合、
ブロック製図の「パッチドローのモチーフ」のワークテーブルを選択します。

この時、最初から使えるオートシェープは、
「楕円形」と「多角形」の2種類です。

「楕円形」では、円、ハート、しずく様の形状を選択することができます。


「多角形」は、三角、四角、ひし形、五角形、六角形、八角形、台形が選べます。


この「多角形」の中にある「四角」を選ぶと、正方形や長方形を描くことができます。

さらに、便利なオートシェープを一つ追加してみましょう。



「ツールバーのユーザー設定」で、「ボタンの追加/削除」を選択します。



「長方形」にチェックを入れます。

ついでに、以下の設定もしておきましょう。

メニューバーの「表示」をクリックして、「精密バー」にチェックを入れます。



その結果として、「長方形」のツールをクリックした時
下図のように、プロジェクト・ツールバーに、長方形とその角が丸くなった
図形が表示されるようになります。



「長方形」ツールで、角が90度の長方形を描く時は
左側のアイコンをクリックし、 角が丸い長方形を描く時は右側のアイコンをクリックします。

ただし、左側のアイコンで角が90度の長方形を描いても後で
「形」ツールをクリックしてから、角にカーソルを置きドラッグすると
その角にRをつけることもできます。



もちろん、最初からすべての角にRをつけた長方形を描く時は
右側のアイコンをクリックしてから、「長方形」ツールを使います。

下の図の2段目の右側の長方形(全ての角が丸い長方形)を
最初から描くことができます。



ちなみに、上の図の上段にあるのは、「多角形」の中にある四角を使って
描いた図形です。  
上段の図形は、下段の図形のように、「形」ツールで後から角にRをつける
ようなことはできません。

「長方形」ツールには、まだまだ便利な機能がありますが
それは、また別の機会にご説明したと思います。

まずは、パッチドローにはこんな便利なオートシェープ機能が
隠されていたことに、お気づきいただければ幸いです。


| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 10:39 | comments(0) | - | ↑TOP
EQ6のキルトを、iPad で見る
6月5日に届いたiPad に、
メールアカウントの設定、パソコンのiTunes との同期やら、
その他必要な設定を済ませることができました。

次は、かねてよりやってみようと思っていたことですが
EQ6のキルトを画像にして、iPad で見てみること。
今日は、その結果報告です。


EQ6でデザインしたキルトやブロックは
デジカメで撮影しなくても、EQ6ソフト自体に
写真へ変換する機能が備わっているので
誰でも失敗なく、鮮明な画像が作成できます。

パソコンに保存したキルトの画像は
iTunes で iPad に同期させるのですが
iPad に取り込まれた写真が驚くほど
きれいなのには期待以上で大満足でした。

1) iPad のメニュー画面




2) 写真アプリをクリック
  



3) 写真のアルバム画面があらわれる 

 

4) アルバムを選択する



5) アルバムの中にあるキルトを順番に見ることができる



次のキルトを見るには、
指を液晶モニターに軽く触れて
左または右へ、指をスルーと動かすだけ




音もなく、何の抵抗もなく
スムーズに次のキルトの写真があらわれる




マウスも何も必要なくて、指でタッチして、スーと流すだけで
指の動きの早さに合わせて、写真が動くのは気分が良い。




EQ6のブロックのライブラリに保存されている
バタフライのアップリケ・モチーフを写真にして
iPad に取り込んでみた。




お気に入りの写真をメールで送信したり
iPad の壁紙として使うこともできる。




iPad には、スライドショーの機能が充実している。
キューブ、ディゾルブ、波紋、ワイプ、折り紙の5種類が選べる。

好きな音楽をBGMに選んで、マイオリジナル・キルトの
スライドショーを楽しむのには、iPad は最適なデバイスと言える。

家の中で 写真立てとして楽しむのも良し
外出時に、持ち歩くのも良し。

iPad の薄さ、軽さ、操作性は
モバイルパソコンの比ではなくなった。 正に群を抜いている。
残念なのは、EQ6のソフトがインストールできないこと。

しかし、
iPad の写真画像の美しさは、自作キルトを
持ち歩けるギャラリー機能に特化しても
最大のメリットがあると言えるでしょう。


他にも、
EQ6がより楽しくなるiPad の
使い方を考案した方は、是非 情報公開をお願いします。

連絡先 → らせん階段 eq6@rasenkaidan.com


| EQ6 基本/裏わざ紹介 | 12:53 | comments(2) | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE