スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
EQ6の自動ボーダー機能
キルトの完成度を高めるには、やはり ボーダーは重要ですね。

キルトにボーダーをつけたい場合、
EQ6のキルトのワークテーブルの下部分にある
ボーダーのタブをクリックして、
ボーダーの設定ウィンドウを出して
ボーダーの数、種類やサイズをカスタマイズする
ことが可能です。

しかし、面倒な設定を好まないユーザーには
EQ6の自動ボーダー機能がおすすめです。

この自動ボーダーについては、このブログでも
何回か書きましたが、自動ボーダーのアイコンの出し方を
ご存知ない方のために、最初からわかりやすくご説明しましょう。


1) キルトのワークテーブルの右側にあるデザイン・ツールバーに
   左向きの小さい黒い矢印があるので、それをクリックすると
   メニューが出ます。

   ボタンの追加/削除を選択します。



2) 追加したいボタン、ここでは 自動ボーダの設定ですので
   そのボタンの左側をクリックして、チェックを入れます。




3) ワークテーブルのどこでもいいのですが、クリックすると
   デザイン・ツールバーに、自動ボーダーの設定が追加されています。



4) 自動ボーダーのアイコンをクリックして
   下向きの小さい三角矢印をクリックすると
   ボーダーのスタイルを選ぶことができます。




5) 自動ボーダーのウィンドウで好みのボーダーの
   スタイルを選んで、 下にあるようなMittered のボーダーの
   キルトのボーダー部分をクリックします。





6) すると、下のように一瞬で ボーダーを
   好みのスタイルに変えることができます。




ボーダーの幅を調整したい場合は、
ワークテーブルの下部にある、ボーダータブをクリックして
調整することができますし、ボーダーを追加することもできます。


らせん階段のEQ6一言アドバイスでした。



| EQ6、新しい機能 | 12:47 | comments(1) | - | ↑TOP
基本ブロックの難易度
EQ6ソフトには、最初から4000種以上のブロック
ライブラリに保存されています。

これらの基本ブロックを製図する時の【難易度】がわかれば
何かと便利だと思いませんか?

実は、EQ6ソフトは 基本ブロックの【難易度】
【初級】、【中級】、【上級】の3つに分類しています。




・ 初級 = Beginner (BEG)
・ 中級  = Intermidiate (INT)
・ 上級  = Advanced (ADV)

EQ6のスケッチブックノートカードを開くと
右上に、このようなアイコンが並んでいるのが見えます。


 

一番左のアイコンをクリックすると、
現在選択されている基本ブロックの【難易度】
わかります。



ストライプのバスケットは、初級(BEG)です。



アルバム・ブロック III は、中級(INT)です。




マリナーズコンパスは、上級(ADV)です。




以上の難易度表示は、あくまで目安ですので
個々人により、上級のブロックでも中級程度に感じるものもあったり
初級でも、中級程度に思ったりする場合があるかも知れません。

そこのところは、ご自分の判断で良いのではないでしょうか。
あくまで、【目安】だと思っておいてくださいね。


らせん階段のEQ6一言アドバイスでした。




| EQ6、新しい機能 | 12:35 | comments(0) | - | ↑TOP
EQユーザーのフォト・キルト


上の写真は、キルトデザイン・ソフト EQ6の
ライブラリーの中に最初から入っている写真の一部です。


ライブラリーの中にある69枚の鮮明な写真から好きな写真を選んで
EQ6でデザインしたキルトに貼り付けることができます。


それだけでなく、自分のデジカメで撮影したスナップ写真も
利用することができます。


以下にある画像は、
アメリカのEQ6ユーザーがEQ6でデザインしたキルト。
自宅のガーデンフラワーの写真をファブリックシート
印刷して実際に完成させたキルトです。






(This quilt was made by Kris Deters and Kathleen Crabtree)


| EQ6、新しい機能 | 19:53 | comments(0) | - | ↑TOP
ドンピシャの "絞込み検索 " って、何?
EQ6には、最初から使えるブロック・パターンが
ライブラリーの中に、4100種類も入っているので
選ぶのが大変でしょうね。・・・・なんてことを
よく耳にします。


でも、まったくご心配の必要なしです。
なぜかと言うと、EQ6には優れた検索機能があるからです


「カテゴリー検索」という特別な検索方法が備わっているので
各カテゴリーの中のアイコンをクリックするだけで
どんぴしゃりのお気に入りブロックを見つけ出すことが
だれにでも簡単にできるようになっています。


まず、カテゴリーのその(1)
難易度、タイプ、ピースの種類で
検索する場合は、こんな感じです。
 




その(2)、イベントで検索する場合



その(3)、ホリデーで検索する場合



その(4)、ピースドで検索する場合



その(5)、アップリケで検索する場合



各カテゴリーを掛け合わせて、
各項目を同時に複数選択して、
「絞込み検索」ができるので
ドンピシャで、お気に入りのブロックを
探し出すことができるのが、EQ6のブロック検索です。



ちなみに、
Beginners, Pieced, Paper Pieceable, Mother's Day の4項目で
絞込み検索をすると、9個のブロックが検出されました。


| EQ6、新しい機能 | 22:46 | comments(0) | - | ↑TOP
EQ6の、便利な図形ツール
先日は、EQ6のペイント・ブラシの新しい機能について
書きました。


今日は、EQ6 に新しく追加された
「図形ツール」について書いてみます。


EQ5にも、いろいろ便利な図形ツールがありますが
完全な円を描くのはちょっとしたコツが必要です。


ややもすると、円ではなくて楕円(オーバル)のように
なってしまうからです。




ところが、EQ6の場合
正真正銘の円(サークル)が誰にでも
簡単に描ける機能が追加されました。




Ellipse ツールをクリックして
CTRLキーを押しながら、マウスを動かすと
誰にでも完全な円(サークル)を描くことができます。




EQ6には、この他にも
Rectangle ツールが追加されました。




この図形ツールには、長方形のコーナー部分を
ボタン操作で、任意のカーブをもった曲線
変化させることができる機能があります。


下図は、ボタン操作の経過を図形で示しています。



これらの新しい図形ツールが
EQ6に追加されたことによって
複雑な図形が、より素早く、より簡単に描けるようになりました。


EQ6ユーザーの皆さんには
是非、これらの図形ツールの使い方を
マスターしていただいて オリジナル作品づくりに
大いに利用してもらいたいと思います。


| EQ6、新しい機能 | 23:28 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
EQ6のブロック検索機能は、贅沢すぎる!
新世代のキルトデザイン・ソフトと呼ばれる EQ6 だから
いろんな事ができても そう簡単にはピックリしませんが
EQ6のブロック検索の機能には、改めて感心してしまいます。 


なにせ、4300種ものブロックが最初からライブラリーに
保存されているEQ6だから、ブロックの検索は重要な機能です。


まず、ブロックの名前を入力して検索するのは
旧バージョンのEQ5と同じ機能。


しかし、
EQ6には<カテゴリー検索>という新しい機能が追加されました。


メニューの Libraries > Block Libraries
ブロック・ライブラリーを開いて
Search > By Category ボタンをクリックして、検索します。




ブロックのカテゴリーは、大きく分けて、5つに分類されています。
---------------------------------------------------------------
1)Difficulty & Piecing Info ---- 難易度とピーシング情報
2)Events ---------------------- 行事
3)Holidays --------------------- 休日
4)Pieced ----------------------- ピースド・ブロック
5)Applique --------------------- アップリ・ブロック




以上の5つの分類の中の詳細項目をご覧になりたい方は、
続きをお読みください。

続きを読む >>
| EQ6、新しい機能 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑TOP
EQ6、スケッチブックの新機能

          ↑
これは、EQソフト最新バージョン<EQ6>スタート画面です。

一見すると、EQ5のそれとあまり変化がないように見えますが
よく見ると、インデックス・タブが一つ増えて3つになっています

                      ↓


・ 1番左のタブ = 新規のプロジェクトを作る時のタブ
・ 2番目のタブ = 既存のプロジェクトを開く時のタブ 
・ 3番目のタブ = 赤丸印のタブは、最初からこのソフトに入っている
            キルトデザインの見本を見るための新しいタブ       


3番目のタブをクリックしてみると、こんなウィンドウが表示されます。
        ↓


最新バージョンのEQ6には、すぐに使えるキルトのカラー見本が、
 最初からすぐに使えるように、ジャンル別 に保存されています。


<OK>ボタンをクリックすると、
プロジェクトのデータボックスの役目をする
<スケッチブック>が開きます。


  
  ↑
これが、EQ6の新しいデザインの<スケッチブック>です。
この中に、キルト、ブロック、ファブリック、刺繍、写真 などの
あらゆるデータを整理(自動)して保存することができます。


EQ6のスケッチブックの大きな特徴は、3つあります。
-------------------------------------------------

1) 一度に、複数のキルト作品(最大16個)を一覧表示できます。

2) 表示されているキルトの順番を並べ替える(ソート)事ができます。

3) ノートカードの機能が増えたので、メモを最大限に利用できます。


このスケッチブックには、5個のキルトが保存されているので
表示数(9個)を選択すると、下図のように 5つのキルトをすべて一覧できます。

               ↓


次に、上図の赤丸印の<Sort>ボタンを押すと
キルトの順番を、簡単に並べ替えることができます。
                       
   このソート機能は、デザインしたキルトを
   時系列的または、ジャンル別、目的別に順番を並べ替える時に
   とても便利な機能です。

                        ↓


今日、ここでご紹介した機能は、
最新バージョン EQ6の新機能 100項目の数例に過ぎません。


既に、EQ6を予約注文された方は、
たくさんおられますが、皆さん EQ6を早く使ってみたいと
わくわくして 待ちきれない気持ちだと思います。


現在、日本語版の操作マニュアルの作成を
着々と進めています。
驚くような便利な新機能が、
あっちにもこっちにも隠されているので
まるで、
ドラえもんの「ひみつの道具」の総合カタログ
作成しているような気分で、毎日が楽しくてたまりません。


それでは、今日は これまで・・・ 



| EQ6、新しい機能 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE